愛車のバイク、セローで走った走行の記録です。  最近は登山にもはまっているので、登山のブログになりつつあるかも♪
奈良田へ。。★白峰三山 その9
2014年10月29日 (水) | 編集 |
2014年08月21日(木)

続きです。。

★ルート
大門沢小屋 → 奈良田第一発電所(ここで運よく路線バスに乗れた♪)
→奈良田 奈良田の里温泉 → JR下部温泉駅 → JR甲府乗換 → JR松本
夜行バスにて大阪に。。

166.jpg
今朝のテント場から見た富士山。。
登山中に見た最後の富士山が大門沢小屋からでした。。

今日も良い天気です~。
驚く事に、四日間一度も雨に降られていません・・・。凄すぎる。
本日は沢沿いを下り、奈良田温泉に向かうのみ。。
山は登りません♪ 精神的にも気楽です♪

1505176_711525482268526_3531690750229993609_n.jpg
しかし、こんな場面は結構あった。。
安定してるように見えますが、意外と揺れて怖かった・・・・。
ロープを頼りに渡ります。。

P1030930mm.jpg
こっちは上部に張られているワイヤーの上にポールを通して
ポールを持ちあげた状態でバランスを取って歩きなさいと指示してくれている図。。
私一人やったら、到底こんな発想は出来なかった・・・。

P1030941.jpg
山と高原地図に記載されている大きな岩

P1030934.jpg
川を離れたら森の中へ♪ こんな雰囲気が大好きです!

そして林道歩きの後、丁度来た路線バスに乗れて、楽々奈良田へ~。
待望の温泉に入れます!!! 嬉しい~~~~。
写真を撮り忘れたけど、温泉施設の外に並ぶ大量のザックの列。圧巻でした(笑)

10151821_711525438935197_7319031065145317163_n.jpg
帰りは奈良田発、JR身延線の下部温泉駅に行くバスに乗ります。

富士駅~甲府駅間を走るJR身延線。。
乗り鉄の聖地の路線の一つ~~
色々な表情の富士山を見られるのです。 もちろん乗るのは初めて♪
しかし、車窓を見るのを忘れて、お喋りに夢中になってました(笑)

甲府から松本に向かう車窓からも南アルプスの山々が見えていたのに気がつくのが遅く
きっとあれは甲斐駒ヶ岳だ~と話しつつ・・またいつか行けたら良いなと思った。

帰路は立山の帰り用に取っていた、松本発の夜行バスに乗り一路大阪へ。。

日曜晩出発、金曜早朝帰着の長い、長い山行きはこれにて終了~。
またひとつ山の経験値はアップできたかな♪

この登山の持ち物反省記→こちら。。
三山の最後、農鳥岳★白峰三山 その8
2014年10月28日 (火) | 編集 |
2014年08月20日(水)

続きです。。

P1030912.jpg
次はまず・・農鳥小屋を目指します。。眼下に見えている赤い屋根の小屋。。
すぐそこに見えている感じなのに一時間はかかる。。
折角ここまで登ったのに、また降りるねんなぁ(T.T)

10626528_675206795900395_7939237773366308238_n.jpg
農鳥小屋まで降りる事よりも、その後ろに見える山にまた登るねんなぁと思い
恐怖になっているのでした(汗) 先に進む師匠と美しい富士山。。

10593052_675206902567051_6986971377191941191_n.jpg
農鳥小屋までたどり着き、次は西農鳥岳を目指します。。
急勾配な山道でしたが、思ったほどはきつく感じませんでした。
しかし、私のペースはすでにヘロヘロ、ノロノロ、亀・亀状態

164.jpg
ノロノロまでも、自分で持ってきた荷物は最後まで持って歩き通せました・・・。

P1030914.jpg
これ、農鳥岳?! 
と喜んだのもつかの間、西農鳥岳のピークでした。。(写真一番左)
まだまだ農鳥岳は遠い。。

P1030917.jpg
山の密度が濃くなってきたなぁと思う。。
富士山はいつの間にか見えなくなっていました。
北岳、間ノ岳までに行くまでには沢山の人にすれ違ったのに
間ノ岳を過ぎてからすれ違った人は一人だけでした(汗)

10616512_675206915900383_724655607368412475_n.jpg
やっと農鳥山に着きました。。
先ほどの間ノ岳に比べると狭い山頂の様です。。

10511305_675208269233581_8472587377692336823_n.jpg
農鳥山。。100名山の山ではない。。 200名山の山です。
だから訪れる人も少なくなるのかな?

P1030923.jpg
遅いペースなので、急ぎなさいと急かされながら、、
自分なりにスピードアップして、ようやく大門沢下流点に。。
ここからは稜線を離れ、標高1776メートルにある大門沢小屋まで降ります・・・・・・・。

どれだけキツイ下りだったか、、ご想像にお任せします・・・。。
綺麗な滝もあったけど、写真を撮る気力もなかったわ。

P1030925.jpg
遅い到着で大門沢小屋に何とかたどりつけました。。
今朝は同じ高さに見えていた富士山が、今は山頂しか見えません。。
だいぶ降りてきたんだなぁと実感。。
長い、長い三日目を無事終えることが出来ました。

続く
標高第3位 間ノ岳★白峰三山 その7
2014年10月27日 (月) | 編集 |
頑張って過去の山行を更新してきましたが、疲れてきたので(汗)
今回からちょいと手抜き・・・。写真で雰囲気が伝われば。。

2014年08月20日(水)

続きです。。

★ルート (少しアバウト)
北岳山荘 6:00 → 中白根山 7:00 → 間ノ岳 8:15 → 農鳥小屋 10:00位?
西農鳥岳 11:05 → 農鳥岳 12:20→ 大門沢下降点 13:10 → 大門沢小屋 16:30

P1030868.jpg
北岳山荘から稜線を南下して行きます!
本日はくっきり見えるよ、北岳~♪ 右下に北岳山荘があります。

P1030872.jpg
稜線は強風でしたので、レインウェアを着て防風対策。。
新調したばかりなので快適でした♪ 御覧の通り、富士山を見ながらのトレイルです。

P1030879.jpg
何度見ても北岳が美しい~。

P1030886.jpg
中白根山山頂。。ここまでの道のりはキツイ登りもなく
歩き始めたせいもあってか、わりとゆとりある気分で来れました。。

10384027_674531045967970_8196384889612810693_n.jpg
何度見ても富士山が美しい~。

10394536_674928135928261_7573797475790523949_n.jpg
小刻みにアップダウンを繰り返し、やっと間ノ岳に来ました~。
富士山、北岳、に続く標高3位の高さの山。。 
今までは奥穂高に次ぐ4位だったそうですが、奥穂高と標高が一緒になったらしい。。
ここから眺める富士山も格別にカッコよかったです♪

P1030895.jpg
別アングルから撮影。。出っ張りは三角点です。。

10609725_675205035900571_4520452034454146141_n.jpg
山頂の全貌。。丘の様です♪
背景に広がる青空も素晴らしいかった♪

自分がピークハント出来た山の中で、一番標高が高い山となりました♪

続く。。