プロフィール

ヒロム♪

Author:ヒロム♪
のんびりのんびりマイペース。
セローで温泉巡りが大好き♪
最近セローで登山口まで走り
その後山歩きすることに憧れ中♪

最新記事

最近のコメント

ブログ内検索

FC2カウンター

カテゴリ

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年5月8日(木)
その2 佛木寺、鯛めし♪ からの続き。。

食事後はユースのペアレントさんに車で迎えに来ていただき
お初の森の宿うわじまユースホステルへ。。

今までこっち方面で宿を取る時は
大好きな四万十川のほとりにある、四万十ユースにばかり泊まってました。
今回始めて泊まることが出来て良かった~。


P1020946.jpg
ユースは愛宕山の山頂にありました。。
裏にある公園からは、宇和島の市街地が見渡せました。。
真ん中あたりの小さな山の上に建っている建物は宇和島城。。

ユースは旅人の宿だけあって、旅の道しるべになる書籍がいっぱい!
書籍から次の旅の行きたい場所を発見出来たり、
ペアレントさんに明日の行動予定のアドバイスもいただき、大満足♪


2014年5月9日(金)
本日は卯の町にある明石寺にお参りと、、
明石寺近くにある愛媛歴史文化博物館で空海展を見る♪
そして、八幡浜に住むFacebookのお友達と八幡浜でランチ~~

と、予定が決まっておりました。。
お友達との待ち合わせが12時だったので、それから逆算し、
ペアレントさんの助言から、6時に宿を出発。。
宇和島の町並みを見ながら、宇和島駅方面に下山して行きました。。

10325192_620779854676423_2256539991463718135_n.jpg
ペアレントさんお勧めの、早朝だけ営業している、、
一見うどん屋さんに見えないうどん屋の、美味しいうどんが朝食♪
じゃこ天が入ってました。。
味ももちろん美味しかったけど、お店の手作りという天ぷらの味、食感の素晴らしかった事!!

10345543_620779874676421_8231472725742747544_n.jpg
そのうどん屋さんの裏山にある、四国88ヵ寺番外霊場でもある龍光院でお参り。。
また優しい光が写ってます^ ^
(実は後日のお遍路で、こちらのお寺とはご縁がありました。。光のおかげ?^ ^)

宇和島駅からは、松山行きの路線バスに乗り、卯の町(西予市)へ。。
卯の町って何があったかな??と思うくらい印象のない場所だったのですが。。
国道56号線を北上していくバスの車窓から景色を眺めてると・・

・・あっ思いだした~。
法華津峠と成谷竜王林道があるとこだわ♪
セローで走るのが大好きだった場所♪
車窓から見える海とみかん畑に思わずニコニコしてしまいました。

P2200006_20140627000143269.jpg
思いだしついでに2008年4月に行った時の法華津峠の写真。。
美しい宇和海

P2200007_201406270001480b7.jpg
織りなす棚田の美しさにしばし見とれてました。。また行きたいな♪

話が2008年にタイムスリップしちゃいましたが(汗)
卯の町についてからは、歩いて明石寺へ。。
奥の院の白王権現に立ち寄りたかったので、少し遠回りして向かいました。。
舗装路歩きの山登りです~~

P1020954.jpg
少し迷って、奥の院~明石寺へと。。(道中の写真は次で)
43番札所、明石寺。。南国を彷彿する佇まいでした。。

P1020955.jpg
綺麗な瓦だと思いませんか??

続く。。
関連記事

<< 愛媛歴史文化博物館と八幡浜でのランチ♪ | ホーム | その2 佛木寺、鯛めし♪ >>

コメント

まだこんなに頑張っている素敵なユースがあるんですね。
久しぶりに、ユース廻りをしたくなってきました。
宇和島の景色、いいですね~。
明石寺の瓦は、少し赤みがかかっているのかな?
重厚で美しいです!

ユースに泊まる旅ための旅にでるのも
楽しいですよー(*^_^*)
京都美山ハイマートユースが1番お勧め(*^^*)

明石寺の建物は独特でした。
瓦の色はレンガの色に似てました!

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。