愛車のバイク、セローで走った走行の記録です。  最近は登山にもはまっているので、登山のブログになりつつあるかも♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しい経ヶ森・大山寺~松山お遍路その6
2014年08月31日 (日) | 編集 |
2014年6月13日(金)
その5からの続きです。

P1030323.jpg
喜んだのもつかの間、道は見事な藪漕ぎ状態に(>_<)

P1030329.jpg
かろうじて地面が見えることと
トゲやネバネバ、悪臭がなかったことが幸いで
歩き通せました。

10369221_642211475866594_5695524283244697632_n.jpg
ちゃんと案内札があるんですね(*^_^*)
遍路道の山道は、どんな登山道よりも親切やと思う。

P1030330.jpg
T路地に合流!左に進むのですが、、
右の道は、高浜駅付近から大山寺に行ける道が
歩けていたらここを通るのやったんかと思った。

少し進むと、大山寺の奥の院がある経ヶ森に向かう分岐が現れした。
だいぶ登りそうやけど、、、折角ここまで来たんですもの!
行かなくっちゃ(^-^)/

P1030334.jpg
経ヶ森へと向かう道は、藪ではなく、踏み跡もしっかりあり
木々のトンネルが綺麗でした(*^_^*)
勾配がキツイ場所が多かったので、いま履いてる
靴では滑って怖かった〜

P1030348.jpg
展望が開けた場所。。瀬戸内の海が見えました。
山頂の案内によると、九州まで見えるそうです!

P1030345.jpg
そして祠が見えたと思ったら、ちょっとした広場になって
山頂に到着しました。ふと後ろを見ると、立派な観音様が(T_T)

P1030338.jpg
ここが大山寺の奥の院。。
観音様は濃いエメラルドグリーン色で・・・ブロンズ像なのかしら?
美しい像で・・・この観音様に会えたただけでも、ここに来た甲斐がありました。。

経ヶ森の分岐まで戻り、大山寺方面に向かう道を進みます。
しばらは登りでしたが、やがて下りに変わり
山から下山してくる形で、大師堂の横から大山寺の境内に入りました。
大師堂でお参りしていた方が、何処から来たんですかと驚いてた(笑)

10451721_642214849199590_7422945131216856681_n.jpg
52番 大山寺。。
来て思い出したけど、駐車場が数百メートル下にあり、駐車場の近くに
納経所があるので、、坂道を登ってお寺まで行かなくても納経が出来てしまいます(汗)
山深い山寺の雰囲気が素敵なお寺でした。。

P1030354.jpg
駐車場から舗装路の参道を下って行くと、立派な山門が現れました。。
本来ならば、ここの山門を通り、大山寺に参ってから経ヶ森の奥の院に行くのが
順序なのでしょうね。


P1030356.jpg
大山寺より30~40分歩いたでしょうか? 
松山最後の札所、53番円明寺に到着。。
こちらはこじんまりしたお寺でした。

写真に写る団体さんは、宇和島の龍光院主催のツアーの方やったのですが
引率されている龍光院のお坊さんが、私にお接待をしてくださった。。

宇和島でお参りをして写真を撮った時、不思議な光が写っていたお寺です。
あの光のおかげかな?って考えちゃった(*^_^*)

円明寺のすぐそばにJR伊予和気駅があり列車に乗って松山駅まで戻り、、
自転車&歩き遍路と体験出来て、充実した二日間でした!
あとは飛行機に乗るだけ(^-^)/

次は今治。。そして、石鎚神社にも行くのです(^-^)/
おしまい。。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。