愛車のバイク、セローで走った走行の記録です。  最近は登山にもはまっているので、登山のブログになりつつあるかも♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩・岩 亀・亀 八ヶ岳~権現岳、赤岳 その1
2014年10月02日 (木) | 編集 |
3度目のテント泊は八ヶ岳♪
初めてのアルプスでのテント泊です!

60リットルのザックを持っていますが、、、思うほど入らないんですね。。
それに安売りしてたから何も考えずに思わず買ってもた、、なザックで。。

盆明けに立山にテント泊で行く予定もあるし、ちゃんとしたのを買おう~ということで
グレゴリーのDEVA70という、、大きな&重たいザックを購入。。
ザックの性能で、重たい荷物を担げるようになろうっっという作戦です。。。

結果は・・・・・・・。重たいもんは重たい~~~。
一番重たい時で、、16キロは担ぐ結果となりました・・・ほんまに重たかった。

2014年7月21日(月)
この日のルート・・少しだけ時間を書いてますが、自分で撮った写真から大体割り出し。
他の皆さんは、コースタイムはもっと速いです。
超亀・亀ペースで、皆さんとだいぶ離れて歩いておりました。

今回は写真を撮る余裕があまりなかったです。。
ご一緒させていただいた師匠とてんちょうさんの写真も使わせていただきましたm(_ _)m

観音平登山口 05:30 →雲海展望台 →押手川 → 編笠山

→ 青年小屋 11:00 (昼ごはん) → 権現小屋 → 権現岳

→ ツルネ 15:45 → キレット小屋 16:20  のテント場でテン泊

10390112_691481804264355_8380627754108636840_n.jpg
スタート直後。。一番後ろを歩いてるのが私。。
テントも入ってないのに異様でかいザック。 この頃の足取りはまだ軽やかだった。

23 - 7
雲海展望台にて。。こんなに綺麗な空が見えていたのに見る余裕もなく(汗)
この頃はすでにヘロヘロでしたが、まだ歩けてはいた・・。

P1030598.jpg
押手川に向かう途中。。木々が苔むしてて良い感じ♪
遅い私を待って下さってた皆さん(汗)

そして押手川を過ぎてから、編笠山山頂に向かう道から勾配がもっときつくなり
ガレ道、梯子も時々現れ、ヘロヘロもピーク、足取りも重い。。
後ろから何人もの人に追い抜かれ。。

私の荷物を見たすれ違う女性に「何かのトレーニングですか?」と質問されたり
「16キロ?軽い、軽い~~」と励まされたり。。

23 - 13
他のメンバーより、かな~~り遅れて編笠山山頂に到着。。
少し休んだ後、青年小屋に向かって下山します。

995053_661121820642226_5363942865854745396_n.jpg
ぬかるんだ道を下った後、目の前に綺麗な青い屋根の青年小屋と
大きな岩・岩だらけの登山道が。。岩にペンキで描かれた○印を頼りに降ります。。

23 - 20
青年小屋に到着。。こちらで昼ごはんをいただきました♪
この山に登って来たんだなぁ・・・と感慨深く山を見つめてしまいました。。

P1030601.jpg
次は権現小屋に向かって出発です♪
ご飯を食べて休んだせいか、足取りは少し軽やかに♪
ふり返ると、青年小屋と、岩・岩な編笠山が。。すり鉢状の綺麗な形の山ですね

ここから権現小屋までの道のりは、、鎖場連続の巻き道が現れ、緊張が高まります。
鎖場ではセルフビレイの仕方を教わりました。。安心感が違うな!

23 - 41
権現小屋に到着~。ジュースを一本調達してこれからに備えます。。

続く。。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。