愛車のバイク、セローで走った走行の記録です。  最近は登山にもはまっているので、登山のブログになりつつあるかも♪
三山の最後、農鳥岳★白峰三山 その8
2014年10月28日 (火) | 編集 |
2014年08月20日(水)

続きです。。

P1030912.jpg
次はまず・・農鳥小屋を目指します。。眼下に見えている赤い屋根の小屋。。
すぐそこに見えている感じなのに一時間はかかる。。
折角ここまで登ったのに、また降りるねんなぁ(T.T)

10626528_675206795900395_7939237773366308238_n.jpg
農鳥小屋まで降りる事よりも、その後ろに見える山にまた登るねんなぁと思い
恐怖になっているのでした(汗) 先に進む師匠と美しい富士山。。

10593052_675206902567051_6986971377191941191_n.jpg
農鳥小屋までたどり着き、次は西農鳥岳を目指します。。
急勾配な山道でしたが、思ったほどはきつく感じませんでした。
しかし、私のペースはすでにヘロヘロ、ノロノロ、亀・亀状態

164.jpg
ノロノロまでも、自分で持ってきた荷物は最後まで持って歩き通せました・・・。

P1030914.jpg
これ、農鳥岳?! 
と喜んだのもつかの間、西農鳥岳のピークでした。。(写真一番左)
まだまだ農鳥岳は遠い。。

P1030917.jpg
山の密度が濃くなってきたなぁと思う。。
富士山はいつの間にか見えなくなっていました。
北岳、間ノ岳までに行くまでには沢山の人にすれ違ったのに
間ノ岳を過ぎてからすれ違った人は一人だけでした(汗)

10616512_675206915900383_724655607368412475_n.jpg
やっと農鳥山に着きました。。
先ほどの間ノ岳に比べると狭い山頂の様です。。

10511305_675208269233581_8472587377692336823_n.jpg
農鳥山。。100名山の山ではない。。 200名山の山です。
だから訪れる人も少なくなるのかな?

P1030923.jpg
遅いペースなので、急ぎなさいと急かされながら、、
自分なりにスピードアップして、ようやく大門沢下流点に。。
ここからは稜線を離れ、標高1776メートルにある大門沢小屋まで降ります・・・・・・・。

どれだけキツイ下りだったか、、ご想像にお任せします・・・。。
綺麗な滝もあったけど、写真を撮る気力もなかったわ。

P1030925.jpg
遅い到着で大門沢小屋に何とかたどりつけました。。
今朝は同じ高さに見えていた富士山が、今は山頂しか見えません。。
だいぶ降りてきたんだなぁと実感。。
長い、長い三日目を無事終えることが出来ました。

続く
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック