愛車のバイク、セローで走った走行の記録です。  最近は登山にもはまっているので、登山のブログになりつつあるかも♪
杖立権現峠への素敵な酷道♪
2008年03月28日 (金) | 編集 |
みかん畑の素敵な酷道♪ からの続きです。。


さぁ・・・慎重に、慎重に進もう・・・・。

あっ、そうや、運転してクリアしようと思うから怖いんだー。
カーブを曲がりきるまでは押して登ったらいいやんっっ。名案だー。

再びセローから降りて、セローを押す体制に入り、フロントブレーキから
手を離した瞬間・・・うぉぉーーー地球の重力の法則には逆らえないーーーー!!
勢よく坂道を下ろうと後退していくセローちゃんっっ。
必死で踏ん張って何とか阻止しましたが、、こりゃ押すなんて私の力では無理・・・
再びセローにまたがり、出発を試みようとする。。よく見ると目の前は藪・・・。
曲がりきれずに突進してしまうと、藪に落ち込んでしまうかも。。
・・・・・うわーーー、コケるよりも最悪っっ。これだけは絶対に避けなくてはーーー。


丁寧に、そろり・・とアクセルを回し、微動にクラッチをつなぐ。。
そしてリアブレーキを外す瞬間が・・・・こっ怖いーーーー。
さっきの重力の法則ーーを思い出して、中々ブレーキから足が離せない。。

エンストしても怖いし、、。今までかつてないほどの慎重なアクセルワーク(汗)で
セローを操作して・・・少し進んでは停まるを繰り返しました。
一気に行こうとして、コケたり藪に突っ込んだら大変だもんね。。

何分かかっただろう? ようやくコケることなくカーブを曲がりきった瞬間、
スピードアップして急坂を登りきり、杖立峠の案内看板までたどり着く事ができました。。


P3130021.jpg

そしてしばらくするとこんな素敵な景色に出会えました♪
この景色にも出会えて、ここまで頑張ってきた甲斐があったというもんです。。


それにしてもセローは本当に粘るなー。
私は教習車以外は、このセローにしかバイクは乗ったことが無いので判らないけど・・・
さっきのようなアクセルワーク、他のバイクだと簡単にエンストしてしまうんだろうなと思う。
私はめちゃくちゃ時間がかかったけど、ダートを走りなれている人や上手い人なら
超簡単な道だったろうなぁ。。


さて、この難所を乗り越えてからはみかん畑は見えなくなり、、私の大好きな
森の木々の間を通る、浮石ゴロゴロ、落ち葉たっぷり、道はガタガタな酷道に変貌。
道が緩やかになったと喜んだのもほんのつかの間でした。。

またまた急勾配&おまけに今度は森の中酷道♪ さっきより条件悪いでー。
かなり顔が引きつりながらも進んでいくと・・・
んまーーー目の前に軽トラ&人が居ましたっっ。天の助けーーー。。


もちろん道を尋ねましたが、
何だか興奮してしまって何を言ったか言われたかよく覚えていない。

風力発電の工事をしているため、この道は工事車両がよく通るらしい。。
それで、道が痛んでいるのを補修工事しているそうで。。
すごーーこんな道、車が行き来してるんやー。
そーいや入り口で工事で通行止めと書いてたな。

道幅いっぱいに停車している軽トラを移動していただき、再びセローは前進。


NEC_0020.jpg

しばらくしてT路地に出たのですが、こんな道案内がありました。。
壁に書かれたこの案内・・・道の凄みを増していました。


NEC_0019.jpg

ひたすらひたすらこの手の道を進む♪
流石に急勾配にも慣れてきて、楽しいと思えるようになってきましたー。


NEC_0018.jpg

そして分岐が現れるたびに登場した、この杖立峠への案内看板。。
どんなに勇気付けられ、励まされた事かー。(大袈裟・汗)



NEC_0017.jpg

そして、そして広い道に出くわしたのですが、、そこには四国の道の道しるべが?!


NEC_0016.jpg

すぐそばにはこんな杭がありました。とうとう峠に到着したようですーーー。


まだ続きます&次回で最終回。。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック